遺産相続

これで解決!遺産相続にまつわる様々な問題。

a1

遺産相続にはさまざまにトラブルが付き物だと思うので、なので今回は、そのようなトラブルがあるのかということと、そのようなトラブルは避けることが出来ないのかということを書いていきたいと思います。

普通に暮らしていると、自分達には関係ないと思っている人が多いのではないでしょうか。 ですが、実際は、相続に対して関心が薄いことや知識不足が原因で遺産相続のトラブルが深刻化にさせてしまう可能性があるのです。

このような遺産増速トラブルが起こった後に多くの人は「自分たちには相続トラブルは起こらないと思っていた」と言うそうです。なので、自分達には関係ないと思わないようにしましょう。

ではどのようなトラブルがあるのかいくつか書いていきたいと思います。

●亡くなった父親の預金通帳を見せてくれない
この場合は、お兄さんが両親の財産管理をしていて、父親が亡くなってから入金履歴を確認したくてお兄さんに聞くと通帳を見せてくれなかったそうです。 ではこのような場合は、調べる方法ことが出来ないのかと思うと思いますが、過去の入出金の履歴は開示請求をすれば見られるようです。 その取引金融機関がしっかりわかれば、相続人である証明(戸籍謄本)を提出し所定の手続きをすれば、過去週年間の入出金履歴を見ることが出来るようになっているようです。 ですが、稀に金融機関によって法定相続人全員の同意を得ることが出来なければ開示できないという所もあるようですので注意してください。 もし何をしてもダメな場合には、お金がかかってしまいますが弁護士等に依頼するといいでしょう。

●肉親や身内の相続争いは泥沼化する可能性が高い
他人であれば言い争ったとしても、最終的には損得勘定を考慮したりして解決の糸口を探しますが、兄弟姉妹というような肉親になると、損得勘定より感情が出てくると思います。昔されたことを持ち出してきたりと言いたい放題になってくると思います。

また積年の不満などは相続のことをきっかけに一気に爆発してしまうことがあるようです。 これは二次相続の場合に良くあるようです。 なだめ役の親がいないとが二次相続で、当事者の言いたい放題になります。叫んだり泣いたりなど色々です。 このように言いたい放題でねじれてしまうと、糸口を探すのはとても難しいと思います。

●実家の相続の話を決して配偶者にしない
兄弟姉妹だと、分かり合えることもたくさんあると思います。ですが、ここで配偶者が出てきてしまうと、話は別物になってきてしまいます。 たとえば、「法的には子供達は平等に相続が出来る権利がある」などと言うようなことがあると大変になってきます。

●土地や不動産関係のトラブル
土地や不動産などの分けることが出来ない資産が残っていると、遺産相続のトラブルになりやすいようです。 土地や不動産は、簡単に分割できませんし、価値がわかりにくいものです。また売ってお金に換えたいと考えている人もいれば、そのまま住んでいたいと思っている人もいます。 相続人の誰かが反対すれば、名義を変えることも出来ませんし、相続税対策に有利になったり、不利になったりすることもあります。 土地をどのように分けるのかということや分ける方法あるのかなどの他にも、お前はいらないだろなどのトラブルが起こるようです。

土地を分割するのであれば、土地をそのまま分ける「現物分割」という物がありますし、売却してお金に解散する「換価分割」をいう物もあります。 他にも、家を相続した人が他の相続人に金銭で払う「代償分割」というものや、相続人がみんなで共有する「共有分割」などがあるようです。

なので土地などを分割しようと考えるのであれば、このような方法があるので、皆で話し合い決めるといいでしょう。

この他にも多くのトラブルがあると思います。ですが、何かをすればきっと解決できるはずです。 感情が出て言い合ってこじれてしまうことがあるかもしれません。 そういった時には、「相手が変わるまで待つ」というのも解決の方法の1つだと思います。い合っている時は、感情が出ているので冷静に話すことは出来ません。なので少し時間を置いてみると冷静になれ、解決できるかもしれないので、少し時間を置いてみるのもいい方法だと思います。

またあとからトラブルが起きないように、相続人の人数をしっかり確認するようにしましょう。相続人の数が増えてしまうと、相続に関わる人が増えるということです。そうして主張が多くなってしまうと、話がまとまらないことがあります。 また人数を確認しておかないと、あとから相続人が出てきて、話がまとまりかけていても、また1から話し合わなくてはいけません。 そして話し合いに1人でも参加しないことがあると話が進まないようになってしまうのです。

また遺産の分け方や、どのように分ければいいのかを少しでも知っておくことが大切です。
たとえば、配偶者1人・子供が2人の場合は
配偶者は全財産の1/2
子供1は全財産の1/4
子供2は全財産の1/4という風になります。


このようなことを少しでも理解しておくといざという時にとても役に立つと思います。

色々なトラブルがありましたが、トラブルがないのが1番だと思います。 お互いを理解し、考えることで少しでもトラブルを避けられるのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP