遺産分割

遺産分割

今回は、遺産分割について書いていきたいと思います。

皆さんは、このような手続きがあることを知っていますか?よくわからないという人のために説明しています。

遺産を相続するとなると色々な争いがあると思いますが、そのような遺産の争いを解決するための法的な手続きとして遺産分割というものがあるのです。 遺産の争いはいつ自分に起こる事か、わかりません。今は自分は大丈夫と思っていても、いざ自分が相続人になった時に、遺産争いが起こる可能性もあるので、遺産分割について知っていきましょう。

では遺産分割とはなんでしょうか。 相続において遺産がある場合に、相続人同士の間で、遺産をめぐり争いが起きることがあります。このことを遺産争いと言います。

遺産争いは、こじれてしまうと大きな紛争へと発展してしまうことがあります。そのために相続を揶揄して「争続」などと呼ぶこともあるようです。

なので、法ではこの相続人同士による遺産争いを解決するために遺産分割という制度が設けられているのです。

遺産分割の効果として、複数の相続人がいる場合には、相続財産は複数の相続人に法定相続分の割合で共有されることになるのです。 これは一時的な物で、各個別財産がそれぞれの共同相続人に確定的に分配されるのは、遺産分割を経た後という風に原則をして決められています。

なので、遺産分割は、相続財産の帰属を確定させる効果があるのです。

遺産分割の対象は、被相続人が有していた財産は、一端は相続人の間で共有されるものの、遺産分割により、確定的に分配されることになるのです。

ですが、金銭債権などは、そもそも相続の開始によっても共有にはならず、相続の開始と同時に各共同相続人に法定相続分に応じて分割されると解されているものもあるようです。

金銭債権などの相続財産について、遺産分割を経ることはなくて、各共同相続人に法定相続分に応じて分割されたものが帰属することになるようです。

なので原則としては、相続の開始と同時に分割される相続財産は、遺産分割をする必要はないということなのです。 ですが、分割された相続財産も、遺産分割の手続きに含まれることになると、遺産分割の手続きの対象になる事もあるようです。

また相続財産のそのものではなくて、相続財産にかわる財産的利益は、利益を受領する権利がある相続人の固有の財産で、特別な事情がない限りは原則として、遺産分割の対象にはならないそうです。

遺産分割の手続きについて
被相続人は遺言で、遺産分割方法を指定することも出来るようです。 遺産分割方法の指定がある場合には、相続においても優先されるようになります。

通常は遺産争いが起こる時は、上記のような遺言がないときに多いようです。そのような場合に、遺産分割の協議と裁判手続きがあるのです。

また遺産争いが起きてしまった時には、まずは共同相続人の間で遺産分割について協議をすることになるのです。まずは、裁判手続きをしないで、話し合いからするということになります。

民法上は、裁判手続きをする前に、協議しなければいけないと定められているようです。協議によっては、遺産分割をすることを協議分割と呼ぶこともあるようです。

もし協議が調わなかった場合または、協議に応じない相続人がいるなどの理由があり協議が出来ない場合は、裁判手続きをすることが出来るようです。

裁判手続きには、調停と審判があり、家事事件は、調停前置主義といい、審判を行う前に調停を先に必ず行わなければいけないという類型の事件があり、遺産分割事件には調停前置主義は取られていないようです。

なので、調停を申し立てず、初めから審判を申し立てることも出来るようです。ですが、実際には調停をせず審判を申し立てたとしても、裁判所の職権により、まずは調停からが試みられるようが通常的だそうです。

遺産分割調停は、裁判官か裁判所の選任した調停委員が共同相続人の間に入って、話し合いをして調整していくというような手続きのことです。

もしも話し合いで、話がつかないという時には、審判に移行することになるようです。調停により遺産分割をすることを調停分割と呼ぶこともあるようです。

また遺産分割審判は、各共同相続人が訴訟のように主張やそれを裏付ける資料を提出して、話し合いの内容に基づきながら、裁判官が遺産分割方法を決めるという手続きのことです。 審判によっては遺産分割することを審判分割を呼ぶことがあるようです。

遺産分割で争いが減るのであれば、争いをしないで遺産分割をした方がいいのではないでしょうか。肉親同士で争いが起きてしまうと、その後も関係が修復出来なくなってしまうかもしれません。 肉親なので一生付き合っていかなければいけないので、争いなく仲良くやっていく方が良いと思うので、遺産分割をして争いを解決していた方が良いと思います。

これを見ても、よくわからならいという人であれば、これらに詳しい弁護士などの専門家に相談してみるといいと、しっかり説明してもらえれば理解できるのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP