子供 いない 夫婦 遺産相続

子供がいない夫婦の遺産相続

a1

子供がいない夫婦の遺産相続は、どのようになるのか気になる人もいるのではないでしょうか。気になる人のために子供がいない夫婦の遺産相続がどのようになるのか書いていきたいと思います。

被相続人の配偶者は、常に相続人になるのです。ですが、ここで注意してほしいのが夫婦の間に子供がいない場合です。

被相続人の親が存命している場合は、配偶者と被相続人の親が共同相続人になり、被相続人の親が亡くなっていていない場合は、配偶者と被相続人の兄弟姉妹が、共同相続人になるのです。もしこの時に、兄弟姉妹が亡くなっている場合には、兄弟姉妹の子供が被相続人になるようです。

では、子供がいない夫婦の配偶者の相続分は、どれくらいになるのかです。 配偶者と被相続人の親が相続する場合は、配偶者の法定相続分は2/3で、被相続人の親の法定相続分は1/3になります。

また配偶者と兄弟姉妹の場合には、配偶者の法定相続分は3/4で、被相続人の兄弟姉妹の法定相続分は1/4になるのです。そして兄弟姉妹が既に亡くなっている場合には、兄弟姉妹の子供が代襲相続をするのです。

もし相続財産のほとんどが、現在自分が住んでいる住居の場合には、被相続人の親や兄弟姉妹の相続分を支払うために、今住んでいる住居や土地を売買しなくてはいけない可能性があるのです。そうして売買してしまうことになると、今まで住んでいて住居を失ってしまうかもしれないのです。 そうなってしまうと、配偶者は新しく済むところを探さなくてはいけなくなりますし、配偶者を亡くして、家までなくなってしまっては、配偶者は不幸続きになってしまいます。

また夫名義の不動産を妻名義に変更、夫の預金口座の払い戻しを行うとなると、遺産分割協議書が必要です。それをするためには、他の相続人と遺産分割協議を行う必要があります。夫婦で協力して築いた財産をあまり関係のない夫の兄弟姉妹・姪や甥と分割・処分について話し合って決めなくてはいけないというのがルールになっているようです。

相続財産の全てがお金である場合は分割しやすいのですが、不動産がほとんどという場合には、売るものと残すもので話し合いしなければいけないのです。 今まであまり話したことがない相続人がいると、資産の分割をするのは、精神的にすごく負担がかかってしまうと思います。なので、公正証書遺言を制作しておくことで、基本的には遺言通りの相続財産を分けることが出来て、問題が発生しないと思います。

なので、子供がいない夫婦の相続対策として、もっとも有効なのが遺言書を残すことです。 配偶者が「配偶者に一切の財産を相続させる」などと遺言書を残しておけば、配偶者が亡くなっても、全ての財産を相続できるようになるのです。

配偶者の親が存命している場合には、親に遺留分があり、最低限の権利で遺留分を主張することが出来ますが、遺留分を主張する権利があるだけで、主張しない場合には配偶者が全てを相続することが出来るのです。ちなみに兄弟姉妹には遺留分はないようです。

子供がいない夫婦の場合には、お互いが元気なうちに夫から妻、妻から夫に遺言証を残しておくといいとオススメされています。

現在は、元気なうちに遺言書を制作している人は少ないようですが、遺産争いを避けるためにも、制作をして対策をとっておくといいのではないでしょうか。 作成していなくて、相続人が多いとその分遺産争いが起こりやすくなってしまいます。

そうしないと、配偶者が被相続人の親や兄弟姉妹、甥や姪とそのような争いが起こると、精神的にきてしまい、病んでしまう人や体調を崩してしまう人もいると思うので、配偶者がそのようなことにならないようにしてあげるためにも、元気なうちに対策をとってあげて、配偶者の負担を減らしてあげるといいのではないでしょうか。

遺言証の作り方がわからないという場合には、調べながら作成してもいいと思いますが、専門家の人に聞きながら作成した方が、間違いがなく作成できますし、しっかり効力がある遺言証が作れるのではないでしょうか。

公正証書遺言を公証役場で作成してもらうと、遺言が無効になる事はなく、安心して作成することが出来ると思うので、手間と費用はかかってしまいますが、しっかりと効力がある物を作成したいと考える人は、公正証書遺言にしてみてはどうでしょうか。 また自筆証書遺言ですと、名義変更などをする際に他の相続人から実印をもらわなくてはいけなくなるようです。

どうでしょうか。子供がいない夫婦の遺産相続について理解出来ましたか? 配偶者を亡くなってしまうと、残された人はすごく悲しみます。また遺産のことで色々と大変になってしまう可能性が出てきてしまうのです。 配偶者が事前にしっかり遺言証を残していれば安心ですが、そうでないと残された配偶者に負担がかかってしまうので、そうならないためにも財産が多い・少ないは関係なく、しっかりと対策をとっておくことが大切だと思います。

↑ PAGE TOP