遺産 相続放棄

遺産の相続放棄

すでに知っている人もいると思いますが、わからないという人のために、遺産の相続放棄について書いていきたいと思います。

遺産の相続放棄というのは、文字通りなんですが、相続することを放棄する手続きのことを言います。 相続放棄とはなんなのかといことを理解する前に、相続とは何なのかを理解しなくてはいけません。

相続が生じると、預貯金や不動産などプラスの財産だけではなくて、借金や滞納金などのマイナスの財産まで、相続人が引き継がなくてはいけなくなります。 ということは、自分の物ではない借金や滞納金であっても、相続人になったのであれば、法律上、自動的に支払い義務を負わされてしまうことになります。

たとえ遺族が残した借金や滞納金であっても、法理上は相続人が支払わなくてはいけないというのは、理不尽だと思ってしまう人がいると思います。 そこで自分が相続に一切かかわりたくないという人のために、相続放棄という物が用意されるようになったのです。

そして相続放棄をすると、相続に一切関わる必要がなくなって、借金や滞納金などのマイナスの財産も引き継ぐ必要がなくなります。

この面はメリットであると言えますが、もちろんデメリットな部分もあります。 それは、相続放棄をしてしまうと、マイナスな財産は引き継ぐ必要がなくなり、それらを支払う必要はなくなりますが、プラスの財産も引き継げなくなってしまうのです。

また相続放棄の手続きが完了してしまうと、後で撤回したくなっても撤回することは出来ません。なので、手続きが完了してしまった後から莫大な財産が見つかっても財産を引き継ぐことは出来ないのです。

もう1つは、相続放棄すると、相続に関する一切の権利義務は他の相続人へまわっていきます。もし誰も相続に関わりたくないという場合は、全ての相続人が相続放棄をする必要が出てきます。
相続順位という物があるので紹介します。
第一順位は亡くなられた人の配偶者 亡くなられた人の子
第二順位は亡くなられた人の直系尊属(父・母及び祖父・祖母)
第三順位は亡くなられた人の兄弟姉妹という風になっています。

また相続放棄の手続きは「どこですればいいの?」というような人のために、相続放棄の手続きは家庭裁判所でしているそうです。 遺産相続は法律で自動的に受け継ぐものなので、自分が相続人でなくなるための、相続放棄の手続きは、法律でしっかりと手続きするべきとされているのです。

なので、相続放棄の手続きは、家庭裁判所に届け出を出して認めてもらう物となっています。

そして相続放棄の期間もしっかりあるので、どれくらいの期間があるのかしっかり頭に入れておく必要があります。 相続放棄は、自分が相続をすることを知ってから3ヶ月以内と決められています。

3ヶ月以内に相続放棄するという期間が決められたのは、その人が相続人であるのかないのかいをいつまでも確定しないと、相続財産の売買や財産移転が進まないので3ヶ月以内となったようです。

相続財産の売買や財産移転が進まないとお金や土地が活用されずに放置されたままになってしまうのです。

お金や土地は、積極的に動かすことで経済は活性化するので、日本経済を出来るだけ発展させるためには、3ヶ月という短期間が設定されて、1日でも早く相続財産のお金や土地が積極的に活用されるようにしたそうです。 なので、自分が相続することを知ってから3ヶ月を過ぎてしまうと、相続放棄は出来ませんし、相続放棄をしたくても過ぎたことで、自動的に相続したということになります。

相続放棄の手続きには色々な書類が必要になります。 相続放棄申述書(家庭裁判所にあるそうです。)・収入印紙800円・被相続人の戸籍謄本・被相続人の住民票除票・申立人の戸籍謄本・申立人の住民票・予納切手などの書類が必要となるのです。

ですが、必要書類や予納切手は裁判所によって異なることがあるようなので、申し立てをする前に事前に裁判所に確認しておくといいでしょう。

書類が全て揃って、相続放棄申述書に記入をし、被相続人の最後の住所地をかんかつする家庭裁判所に提出し、提出した数週間後に裁判所から申立人宛てに文章が届くようです。

その文章は、申立の事情を再確認するために、質問が記載されているので、質問の答えを記入して、署名押印して裁判所に送り返さなくてはいけません。 その返ってきた書類を裁判官が見て問題がない場合は、また数週間後に相続放棄申述書というものが届くようになっています。そしたら相続放棄の手続きは完了します。

相続人になるには、順番があるようです。 その順番は、子供、親、兄弟姉妹のような順番になっています。

子供が相続放棄をして相続人でなくなると、親が相続人に変わるという風になっていきます。もしこの時に子供が3人いた場合は、3人共が相続放棄したら、他に移動するということになります。

このように相続放棄にはメリットもありますが、デメリットもあるということをしっかり理解して、いざ自分がそのような立場になった時にどうすればいいのかをしっかり考えて決める必要があると思いました。

↑ PAGE TOP