遺産相続 遺留分

遺産相続の遺留分とは?

遺産相続の遺留分とは何なのかについて書いていきたいと思います。 皆さんは遺留分のことについて知っていますか?知っている人もいると思いますが、知らないという人も多いのではないでしょうか。 まず遺留分とは、相続財産は被相続人の物で、本来は被相続人が自己の財産を自由に出来ますが、これを全く自由に許してしまうと、赤の他人に全財産を与えるというような遺言がなされてしまうと、被相続人に財産に依存して生活してきた家族は不満に思います。

遺留分を侵害されている相続人は、遺留分を侵害している受遺者や受贈者、または他の相続人に対し、その侵害額を請求することが出来るのです。このことを「遺留分減殺請求」と言います。 遺留分が侵害されている人は、自分自身が減殺請求をして初めて遺留分を取り戻すことが出来、請求しないと遺贈などを受けた人がそのまま財産を取得することになるのです。


・遺留分減殺請求の方法
遺留分減殺請求の方式は、とくに決まりがありません。受贈者または受遺者に対しての意思表現だけで効力が生じるのです。 必ずしも裁判上の請求による必要がないのです。ですが、裁判外で請求する場合には、後日の証拠のため、通常は内容証明郵便が一般的です。 遺言執行者がいる場合には、遺言執行者にも減殺請求権を行使する旨を知らせます。 そして遺留分減殺の意思表現は、全体としてわかる範囲であればいいとされているようです。 ・遺留分減殺請求の効果
意思表現が相手に届いた時点で、遺留分を侵害している遺贈や贈与の効果がなくなってしまうので、遺留分を限度とし、遺留分権利者の所有に属することになるのです。このことを「形成権」と言います。 その後は、話し合いや調停や訴訟をして、遺留分に見合う遺産を現実に取り戻すようになります。 ・価額による弁償
遺留分減殺請求権が行使されると、受贈者などは現物を返還しなくてはいけないのが原則になっていますが、減殺を受けるべき限度で価額を弁償し、返還義務を免れることが出来るのです。 ・遺留分の減殺請求権の時効
遺留分の減殺請求は、遺留分権利者が相続の開始を知って、被相続人の財産の贈与または遺贈があった事実を知ったことに加え、その贈与または遺贈が遺留分を侵害していることを知った時点から1年以内にしなければいけません。 そして相続の開始から10年を経過した時に消減するようです。

もし内容証明を出して請求した相手がそれに応じない場合は、家庭裁判所に家事調停を申し立てることが出来ます。そして調停がもし不成立に終わってしまった時には、審判に移行しないで、地方裁判所に民事訴訟をして解決することになるようです。

遺留分の権利についてですが、兄弟姉妹に認められないようです。 兄弟姉妹は、遺言の内容に不満があってとしても遺留分の権利を主張し、遺言の内容を否定することは出来ないそうです。 なので、兄弟姉妹に相続財産を渡したくないと考えるのであれば、遺言で他の相続人に相続財産をわたすことを明記しておくだけで、実現できます。 また兄弟姉妹の中の1人に相続財産を渡さないような遺言を作成することも出来るようです。 1人だけ相続財産をもらえなかった相続人は、遺言内容に対して一切遺留分権利を行使することは出来ないのです。

どうして兄弟姉妹には権利がないのかというと、相続関係が1番遠いからと言われています。 兄弟姉妹が相続人になることは、被相続人に子供・親がいない時で、相続分割合も、被相続人に配偶者がいる時には、4分の1にしかなりません。

兄弟姉妹が相続人になる場合は、先に死亡した兄弟姉妹がいる場合です。その兄弟姉妹の子供が代襲相続として相続人になるのです。 このような場合の相続人は、被相続人から見ると「甥・姪」にあたります。

もし兄弟姉妹に遺留分権利を認めると、甥・姪にまで遺留分権利が発生してしまうことになるのです。

被相続人が作成した遺言証が、甥・姪の遺留分権利の行使により一部否定されてしまうのは、遺言証にとって酷と考えられたようです。このようなことから兄弟姉妹には遺留分権利を与えないという風になりました。

また内縁関係の妻や夫には遺留分の権利があるのか気になるということです。 内縁関係の妻や夫は、遺留分はないようです。遺留分の権利は、法定相続人のうちの兄弟姉妹以外の相続人に認められた権利なのです。なので、現行法上は内縁関係の妻や夫は、法定相続人ではないので、遺留分権利者にはならないようです。

どうでしょうか?少しでも理解していただけたでしょうか。 このように遺留分については、難しい部分が多くありました。 これらの全てをすぐに覚える必要はありませんが、徐々に覚えていくと、いざそういう場面になった時に役立つと思うので、頭の隅にでもいいので入れておくといいかもしれません。 どうしてもわからない時には、専門家などに相談して話を聞いてもらうといいと思います。

↑ PAGE TOP