遺産相続 相続税

遺産相続の相続税

a1

遺産を相続すると相続税という物が出てきます。なので相続税について理解していきましょう。

まず相続税とは
亡くなった人の財産を相続人がもらう時に、支払わなくてはいけない税金のことを言います。 ですが、遺言や死因贈与契約によっては、相続人でない人が財産をもらう場合もあります。このような時にも、相続税の対象になるのです。

また相続税を払う時に覚えておくと良いことがあります。それは基礎控除です。

基礎控除というのは、『残された相続財産が一定金額以下の場合には、相続税を払わなくてよい』というものです。

平成27年1月に相続税が増税されたそうです。 そして基礎控除が変更されました。

今までの基礎控除の金額の求め方は、3000万円+法定相続人の人数×600万円でしたが、 改正後の基礎控除の金額の求め方は、3000万円+600万円×法定相続人の人数へと変わりました。

改正後の基礎控除は、改正前より40%縮小されることになり、これまで相続税に関係なかった人でも、相続税が関係してくるようになります。

また一戸建てやマンションなどを所有していて、預金が2000万円くらいある場合には、相続税が発生してしまうかもしれませんので、注意した方が良いでしょう。

そして相続税は、相続が発生してから10ヶ月以内に申告をして、納税しなくてはいけないのです。相続税を払う人は、相続財産が多岐にわたっていることが多いため、相続財産の調査に時間がかかってしまうのです。 なので、相続税を払うことがわかっているのであれば、すぐに相続税の準備を始めましょう。

申告する手順
まずは、相続財産が全部でどれだけあるかを把握しましょう。 預金などはそのままの金額で良いですが、土地や不動産については路線価格で算定しなくてはいけません。 また株式の場合には、上場株式ならすぐに計算できるようですが、非上場株式だと計算するのに時間がかかってしまうので、出来るだけ早く税理士に依頼しなくてはいけません。

他には、葬儀費用や債務など、相続財産から引いておけるものは、引き算しておき、相続財産を確定させましょう。

そして法定相続人の人数をしっかり確認しておきましょう。法定相続人の人数がわからないと、基礎控除の金額を計算することが出来ません。

法定相続人の人数は、被相続人の戸籍謄本を出生から死亡までの全てを所得し、養子なども含めて計算しなくてはいけません。

相続税の基礎控除額を増やして節税することが出来ます。 そして養子縁組をすることで、法定相続人の数を増やします。ですが、相続税の計算には、法定相続人の数に含むことが出来る養子の数が決められているので注意してください。

実の子がいる時には、養子とみなされるのは1人だけで、実の子がいない時は、養子とみなされるのは2人までとなっています。

また法定相続人の数を増やすために、養子縁組をする人もいるようです。

次に相続財産の金額と基礎控除の金額が決まったら、相続財産から基礎控除を引き算します。

引き算をして、相続財産がマイナスになれば、相続税は払わなくてよくなり、相続税の申告をする必要もなくあります。 逆にプラスになってしまった場合には、その出た金額を元にして相続税の計算をしなくてはいけません。

詳しく知りたいという人は、税務署のホームページでも確認することが出来るので調べてみてください。

配偶者の場合には、配偶者の税額軽減措置というもので、配偶者の相続する財産が1億6000万円以下の場合や法定相続分を相続した場合には、税の負担はありません。

どうしてもよくわからないのであれば、相談や相続税の申告は税理士に相談してみてください。そして自分がわからないことは、しっかり聞いて理解しましょう。

また財産の現金を不動産に換えるという人もいるようです。なぜかと言うと、現金よりも不動産の方が、相続税評価額を安くすることが出来るようです。 現金は、そのままの額が相続評価額になりますが、土地の場合には、原則として路線価による評価方法が一般的なので、評価額は取引価格の60%程度になります。 また家屋の場合には、相続税法価額の計算は、固定資産税の評価額で評価されます。ちなみに固定資産税の評価額は取引価格の70%程度が一般的だそうです。

なので、節税対策を考えている人は、現金よりも不動産で資産を持っていた方が有効なのです。ですが、デメリットとして不動産を持っているだけで、固定資産税の税金がかかったりするので、すぐにお金に換えることが出来ないという面がデメリットの部分なのです。

他にも、お墓や礼拝物、仏壇などは、非課税財産になっているようです。 お墓は、使用権を買うだけで土地を買う訳ではないので、不動産所得税はかかりません。なので、生前に墓を建てておけば、その分は非課税となるので、相続する遺産が減り、相続税が減るので、節税になるのです。

どうでしょうか?相続税について少しでも理解できたでしょうか。 難しい部分もあるかもしれませんが、わからないときは相談して解決するといいでしょう。

↑ PAGE TOP